うつ病からの復活 Sさん

うつ病
Sさんと武司

2020.8.29

彼女は、ポニーテールの円らな瞳の可愛らしい方で、長い間うつを患っている様にはみえませんでした。

Sさんは、眠れなくて、動けなくて重たくてどうしようもなくて、死にたくなって飛び降りてしまったと話してくれました。
でも何度か武司さんとお会いする度に楽になって、眠れるようになってきたと話すSさんは、少しだけ疲れている様にも見えました。
そして、今日はもっと良くなりたいと武司さんに伝えていました。

武司さんは、側で見守るお父様に娘さんに触れることの許可を取り、胸の辺りに手を当て、

「余分な要らない魂をとってSちゃんの魂を入れる」と仰いました。

その後、Sさんの顔はぱーと明るくなり溢れる様な笑顔で

「不思議な感覚、言葉が見つからないけど色で例えるならどす黒かったのが薄いピンク色になったという感じ」

と、嬉しそうに話しました。

武司さんの手によりSさんの心が変わるのを見せてもらった感動の瞬間でした。

リポーター K

タイトルとURLをコピーしました